視覚に頼らない体つくり 【整体処たくみ堂 白楽 整体】下田拓実

query_builder 2021/10/02
トレーニング
IMG_8959


運動能力は、身体をうまく使えるようになれば成長をしていきます。

反復練習は特定の動作がうまくなりますが

ほかの能力は、なかなか伸びていきません


成長を早くするには、自由に身体を使えるようになること

そうすれば、見本を真似する力がついて

「見て学ぶ」ことができるようになります。


その為には、2つ意識するとよいです

1 視覚に頼らない

2 不安定な状態で行う


1に関しては、目をつぶりながら同じ動作を行います

視覚からの情報を元に自分の立ち位置などを決めているので

視覚に制限があると、バランスが変わります


そうなると、自分が動かしたい場所に

手足を動かすことが難しくなります、簡単に実感できるのは

目をつぶり、鼻先を正確にどの指でも触れるのか試すと分かります


簡単なチェックですがズレが起きてしまうと

視覚が十分に確保できない時に、動作がズレる要因です

所謂、ボディマップが不十分になっています


2に関しては、バランス感覚イメージとしては体幹の強さと

表現をされやすい部分です。

運動能力は種目にもよりますが、どんな環境でも


自身の最高のパフォーマンスを安定して発揮することが

大切になります、不安定な状況下ではバランスを取るために

能力を浪費している場面もあります。


バランスを崩さない安定性を持つことで

正確な動作ができ、運動能力の向上に繋がります

このバランス感覚は、才能では有りません。


脳と身体の連動が重要になり、身体に受けた刺激を

脳が処理を行い、身体に指令を送り筋肉が働くことで

バランスを安定させることができます。


脳と身体の連動は、反復練習だけでは成長しないので

なにが刺激として足りていないのかチェックして

脳から変えていきましょう!!




記事検索

NEW

  • 体幹の連動性を高めるには○○○○がおすすめ 【整体処たくみ堂 白楽】

    query_builder 2022/07/28
  • 運動能力を高めるために、前庭機能を鍛える【横浜 整体 たくみ堂】

    query_builder 2022/07/27
  • 梅雨の時期が近づいてます!

    query_builder 2022/05/16
  • 身体の健康の為に足首を動かしていく 整体処たくみ堂

    query_builder 2022/04/21
  • とこや番々で変身してきました!

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE